基本政策

 国守衆は、「日本を主語」とする国民運動組織であり、世界最古の我が国の歴史と伝統文化を尊重し守り育てる国民運動を主導する。同時に、世界各国、各民族は「天の下一家を為す」が如く、互いに人種差別や政治的、軍事経済的圧力等を用いず、互いの伝統文化を尊重し合う「家族」のような世界を創るべきと考える。いわゆる「八紘一宇」の世界である。したがって、私たち国守衆 全国評議会(準)は、国境無きワンワールド、統一世界政府といった政治経済文化を一色に染め上げようとするグローバリズム潮流に断固として反対する。

 私たちは、当面の我が国の進むべき方向を示すべく、基本政策をここに提起する。

基本政策集

一、 「日本国憲法」廃棄と自主憲法制定 当面の現実的政策として、少なくとも「日本国憲法」前文の廃棄と第9条の改正(第2項の撤廃)を実現する。
二、 皇室の皇統男系男子を絶対護持 旧宮家復活
三、 デフレ下の消費増税絶対反対 消費税をゼロパーセントに、当面は五パーセント
四、 財務省解体・再編! 財政危機論の嘘を暴く
五、 日本を日本で無くす移民(多民族)政策反対
六、 国防力強化 国防軍創設 国防予算倍増
七、 国土強靭化、防災予算を十年間倍増し、国民の生命と財産を守る
八、 デフレ脱却へ 積極財政で内需拡大
九、 北朝鮮拉致被害者、全員奪還
十、 税制改革等、所得配分見直しと国民の格差是正で、一人の失業者もいない日本へ
十一、 スパイ防止法制定
十二、 食糧安全保障体制とエネルギー安全保障体制の確立
十三、 日本を主語とする教育体制の構築
十四、 少子化対策の戦略的体制確立
十五、 放送法改正、NHKのスクランブル料金化を(国民に情報選択の自由を)
十六、 グローバリズム政策の全面見直し
十七、 アイヌ先住民法絶対反対(多民族国家推進阻止)
十八、 日本台湾連携強化
十九、 抑圧されたアジア諸民族と連帯して全体主義ファシスト政権と戦い、独立・自由のアジアを築く
二十、 国民こそが国の宝(大御宝)であるとの基本姿勢の下に、日本を主語とした政治、経済、文化活動を推進する。